お知らせ

news

坑内清掃

シールド機解体後、機内にセグメントを組立到達立坑側より、雨水を導水します。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坑内では、到達側より管内の軌条、配管等を撤去し、セグメントをピカピカきれいに清掃して行きます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発進立坑基地では、坑内の撤去した資機材を集積し、搬出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路線内の路上では、雨水の分水取込ヶ所でミニシールドに接続する流入管を、鋼管削進工法で施工しています。

 

 

 

 

 

シールド機解体

シールド機前胴部隔壁は切断し、撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解体されたシールド機前胴部、電動モーター、油圧ジャッキ類は、発進立坑基地へ運搬します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発進立坑と到達立坑が延長630m 内径1.2mのトンネルでつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド機到達

シールド機が到達立坑に無事到着しました。

到達立坑は、道路幅員が狭い為、車両通行止めで作業しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道路下、深さ4mの所定の位置に、シールド機の先端ビットが立坑に到達しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到達口に鋼製の受台、坑口リングを設置し、止水用のゴムパッキンを取付け、

鏡切(立坑ライナープレート切断)後、シールド機械を立坑内に押出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド機械が到達口よりゆっくりと出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方が、現場見学に来られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械先端のカッターヘッド回転部は、地上へ引上げ回収します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつかれさまでした。

次週につづく。

 

 

シールド掘進長570m地点です。

今日も発進立坑では、到達立坑に向けてトンネルを掘進しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-2では、分水落し込み立坑廻りの地盤を固める薬液注入作業を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-3では、分水落し込み立坑築造に支障となる、ガス管(Φ150㎜)の切回し作業をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-1到達立坑は、道路上の覆工板の下にΦ2.5m、深さ5mの円形で築造されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急曲線R=10m無事通過

急曲線R(曲線半径)=10m 先週末に無事通過しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急曲線R=10m 坑内状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直線部HB1-3よりHB1-2 坑内状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-1では、到達立坑築造作業を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB3では、先週より車線規制を行い、落し込み立坑の周辺地盤を強化する薬液注入作業を開始しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンネル掘進再開&山寺

今週よりシールドトンネルの掘進を再開しました。

昨日より曲線半径10mの急曲線にシールド機前胴部が入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セグメントは、直線部にコンクリート製の幅60cmを使用し、急曲線部は、鋼製の幅30cmを使用します。

曲線部に使用する鋼製セグメントは、曲線の内側の幅が外側より狭くなってます。(30㎝幅で約5㎝狭い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日新緑の山寺に行きました。

登る途中で郵便配達の人とすれ違いました。

頂上付近に郵便ポストがあります。

毎日1015段の階段を登り集配するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつかれさまです。

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド機ビット交換&青葉祭り

今週はトンネル坑内で、シールド機の先端にあるビット(刃)の交換作業を行います。

砂礫層の掘進で、摩り減ったビットを機内より、新品と取替える作業を昼夜2交代で行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19日、令和最初の青葉まつりが開催されました。

青葉まつりは、江戸時代仙台藩で始まり、昭和60年に復活した伝統あるおまつりです。

まつりで演舞されるすずめ踊りは、伊達家の家紋”竹に雀”が由来のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステーキ屋さんの前で、いきなり”すずめ踊り”に出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掘進再開&ハーフマラソン

7日よりトンネル掘進を再開しました。

今日も掘った土をバックホーでダンプに積込、場外へ搬出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンネルは、道路の下4mの深さで発進立坑より約400mの位置まで進みました。

T字路の手前で、来週よりビット交換(シールド機先端の刃)を行い、半径R=10mの急曲線で左折します。

地中は、トンネル掘削の補助工法として薬液注入を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12日仙台ハーフマラソンが開催され、約1万人のランナーが現場近くの卸町1丁目1.7㎞折返し地点を通過しました。

たくさんの人が、様々なスタイルで走っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

4/27よりGW休暇

4/27日より5 /6 GW 作業は休みです。

26日の発進立坑防音ハウス内の作業状況です。

今日もトラックが搬入し、セグメント荷卸ししています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到達立坑では、立坑廻りの軟らかい地盤を固めるため、薬液注入を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールドトンネルは、順調に進んでいます。

シールドトンネルは、現在発進立坑より約300mの位置を順調に掘進しています。

道路の下、約4mの硬い地盤を日進約9m(昼夜)で到達に向けて進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到達立坑工事に着手しました。

立坑築造に支障となる地下埋設管(水道、ガス)を先週移設しました。

立坑周囲の軟らかい地盤を固めるため、薬液注入を行います。

注入は、路上より注入パイプをボーリング削孔しますが、地下埋設管を損傷する恐れがあります。

埋設管の損傷を防ぐため、削孔注入用パイプ位置に鞘管を塩ビ管で設置します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次週につづく