お知らせ

news

防音ハウス解体が終了しました。

ハウスの主柱(長さ14m)をクレーンで吊り、順次撤去していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄骨材は、トレーラーで千葉の工場へ運搬します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に裏込材のプラントサイロを大型クレーン(65t吊り)で吊り、解体搬出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業基地内が広々ときれいに、片付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週は、防音ハウス基礎杭の引抜を行います。

 

 

 

防音ハウス解体PART2

壁パネル、屋根パネルを西側から東側へ順次撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネル撤去後、場内の天井クレーンを吊り卸し、解体します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変お世話になったクレーンです。

昼夜休みなく、いつも元気によく働きました。

名古屋の工場に帰るそうです。

お疲れ様でした。

 

防音ハウス解体

防音ハウスの解体に着手しました。

最初に屋根パネルを撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にハウス内の大梁を撤去し、屋根上より入口側の壁パネルを1枚づつクレーンで吊上げ、集積します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB3では、既設水路から分水するマンホール築造の路面覆工を開始しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-2では、鋼管削進による流入管取付が完了し、舗装を仮復旧しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鋼管内に硬質塩ビ管(φ600㎜)を挿入し、ミニシールド(φ1200㎜)に接続しています。

防音ハウス内の整備

防音ハウス内の仮設備を撤去搬出し、きれいに片付けました。

来月より、防音ハウスの解体に着手します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井クレーンは、停止しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-2では、鋼管削進工法(Φ700㎜)により路上から9mで、ミニシールドに接続しました。

シールド設備撤去

先週現場は夏休みしました。今週より、工事再開です。

発進立坑では、ハウス内でシールド設備撤去作業をしています。

濁水処理設備の重量物は、ラフタークレーンを使用して解体搬出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB-3は、車道を交通規制して、分水落し込み立坑の築造工事をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-2では、分水落し込み地点より、鋼管削進工法でミニシールドへ接続する管布設作業をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鋼管Φ700㎜ L=1000 ㎜を1本毎溶接で接続し、回転しながら削進します。

坑内清掃

シールド機解体後、機内にセグメントを組立到達立坑側より、雨水を導水します。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坑内では、到達側より管内の軌条、配管等を撤去し、セグメントをピカピカきれいに清掃して行きます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発進立坑基地では、坑内の撤去した資機材を集積し、搬出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路線内の路上では、雨水の分水取込ヶ所でミニシールドに接続する流入管を、鋼管削進工法で施工しています。

 

 

 

 

 

シールド機解体

シールド機前胴部隔壁は切断し、撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解体されたシールド機前胴部、電動モーター、油圧ジャッキ類は、発進立坑基地へ運搬します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発進立坑と到達立坑が延長630m 内径1.2mのトンネルでつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド機到達

シールド機が到達立坑に無事到着しました。

到達立坑は、道路幅員が狭い為、車両通行止めで作業しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道路下、深さ4mの所定の位置に、シールド機の先端ビットが立坑に到達しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到達口に鋼製の受台、坑口リングを設置し、止水用のゴムパッキンを取付け、

鏡切(立坑ライナープレート切断)後、シールド機械を立坑内に押出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド機械が到達口よりゆっくりと出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方が、現場見学に来られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械先端のカッターヘッド回転部は、地上へ引上げ回収します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつかれさまでした。

次週につづく。

 

 

シールド掘進長570m地点です。

今日も発進立坑では、到達立坑に向けてトンネルを掘進しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-2では、分水落し込み立坑廻りの地盤を固める薬液注入作業を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-3では、分水落し込み立坑築造に支障となる、ガス管(Φ150㎜)の切回し作業をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-1到達立坑は、道路上の覆工板の下にΦ2.5m、深さ5mの円形で築造されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急曲線R=10m無事通過

急曲線R(曲線半径)=10m 先週末に無事通過しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急曲線R=10m 坑内状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直線部HB1-3よりHB1-2 坑内状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB1-1では、到達立坑築造作業を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HB3では、先週より車線規制を行い、落し込み立坑の周辺地盤を強化する薬液注入作業を開始しました。