お知らせ

news

本掘進を開始しました。

本掘進に向け立坑上を整備しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立坑下では、掘進再開です。

青色の鋼車は、シールド機より排出された掘削土砂を積込み、バッテリー車で立坑へ牽引します。

左側の茶色の台車は、シールド機掘進後マシン後方で順次円形に組立てるセグメントです。

セグメントがマシン後方で繋がり、トンネルが延びていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土砂を積み込んだ鋼車は、天井クレーンで吊り上げ土砂ピットで横転させて土砂を仮置きします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土砂ピットよりバックホウ(0.45㎥級)でダンプトラック(8t車)に積込、場外へ搬出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・来週につづく・・・・

仮掘進が完了しました。

ミニシールド機は、坑口へゆっくりと進んで行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニシールド機は、地中へ入り見えなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立坑上では、本掘進に向けて設備の段取り替え作業をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立坑下の作業状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本掘進へ続く→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド機発進

18日坑口の鏡切り(土留め壁鋼矢板切断)後、シールド機が無事発進しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド機は、坑口より1.6m推進しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日、TBC東北放送のテレビ撮影が行われました。

放送は、1月24日18:15~(Nスタミヤギ)で放送されます。 →【乞うご期待】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19日立坑下に仮置きしたシールド機の後胴をクレーン車(65t吊り)で吊上げ、前胴に接続しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シールド機は一体になりました。(外径1.6m 長さ9.3m)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               -ミニシールド掘進に続く→

 

防音ハウスが完成しました。

12月末に防音ハウスが完成しました。(幅13m 長さ36m 高さ14m)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事期間中は、作業に伴う交通規制等で何かとご不便をおかけする事もございますが、近隣住民の皆様の安全を最優先に工事を進めてまいりますので、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

 

ハウス内2Fは受電所・中央管理室・見学室 3Fは資材置場(セグメント・レール・鉄管等)です。

シールド機械の発進に向けて着々と工事を進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事に従事された専門会社(クボタ工建・環境ビジョンアール・エコライフ荒城・堀田電業社・アイハラ重機)の皆様お疲れ様でした。

1月11日工事関係者が出席して、陸奥国分寺薬師堂で工事の安全祈祷を厳かに行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防音ハウス PARTⅡ

防音ハウスの天井にクレーン(4.8t吊)を設置し、トンネル工事で使用する資材の搬出入を行います。

ハウス内3Fは、トンネル工事の資材置場(セグメント、レール、配管材等)になります。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西側へ主柱(H-350長さ14m)を建て込みします。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主柱の建て込みが完了しました。(縦横13m*36m高さ14m)

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁の防音パネルを上部より1枚ずつ(1m*2m)クレーンで吊卸し、ボルトで締付け設置します。

外側よりハウス内は見えなくなりました。

出入口は、シャッターゲート(W=6m)を設置します。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防音ハウス築造を開始しました。

ミニシールドトンネル施工時の工事騒音を低減するため、発進立坑基地に防音ハウスを築造します。

夜間の工事騒音45dB 以下を目標にします。

11月8日 立坑上にシールド設備(裏込注入・作泥プラント、ACC装置、濁水処理装置)を設置しました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月15日 ACC装置(土砂吸引設備)に防音ボックスを設置しました。又、周囲に土台(H-350)を配置しました。

土台は、事前に施工した支持杭(H-300長さ8.5m)に接続されます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョット一息

晩秋の鳴子峡  イイネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渓谷のトンネルを電車が通過しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月17日

土台上に防音ハウスの主柱(H- 350 長さ14m)を東側より建て込みします。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月21日 ハウス内2Fに高圧受電設備、ユニットハウス(中央管理室、詰所etc)設置しました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

==来週につづく==

シールド機搬入

11月6日シールド機が大阪の工場より9時に現場到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外径1.59m 長さ9.3m 3分割 総重量約25tです。

大型クレーン(吊能力65t)で慎重に吊卸します。

道路下約5mの砂礫層の中を掘り進むシールド機械の先端部です。→

 

 

午後から地元町内会、仙台市の見学会を行いました。

見学会1
Exif_JPEG_PICTURE
見学会2
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月7日快晴

空に2本の飛行機雲がきれいにでました。

シールド機をTV取材(東北放送)の中、立坑下へ吊卸します。(放送日未定)

TV
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(BGMはユーミンのひこうき雲イイネ

 

 

立坑下の受台に無事吊卸し完了しました。↓

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業所の集合写真です。↓

クボタ工建、エコライフ荒城の皆様お疲れ様でした。

集合
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————-来週につづく——–

紅葉 PART2

ポストも少し色づいた感じです。

・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末までには、葉っぱが全て落ちてきます。

現場周辺の落ち葉の清掃に、日々協力しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月6日(火)にミニシールド機(トンネルを掘る機械)が、

大阪の工場より現場に到着する予定です。